ウォーキング

脚やせできるウォーキング【正しい歩き方のポイント5つ!】

更新日:

スポンサーリンク

今回は、「脚やせできるダイエットウォーキング」のやり方を紹介していきます!

 

歩けば痩せる!と思われがちですが、間違えた歩き方をすると不要な筋肉が発達してしまい、脚の形が悪くなったり太くなってしまうことも。

 

そこで、「正しいウォーキング」のやり方のポイントを見ていくとともに、その「効果を高めていく方法」も見ていきましょう!

 

継続していけば、あなたの脚は絶対に綺麗に、細くなっていきますよ♪

 

正しいウォーキングのポイント5つ

以前、こちら↓

脂肪燃焼できる歩き方ポイント3つ!脚やせ&綺麗な歩き方になれる!

の記事で、普段できる脂肪燃焼の歩き方ポイントを3つ紹介しました。

 

が!!今回は

「ダイエット」に焦点を当てたウォーキング方法とそのポイントになります。

早速みていきましょう!

 

姿勢を正しくする

これはウォーキングだけでなく、ランニングをする際も言えることですが、「正しい姿勢」で行うことはとっても大切なんです!

 

次の手順を行えば、その姿勢を身につけることができます↓

  1. 壁に背中をつけてまっすぐに立つ。この際、「頭・肩・お尻・かかと」が、壁にすべてつくようにする!
  2. かかとは揃え、つま先は少しだけ開く。
  3. 両膝はなるべく、くっつける。
  4. 目線は少し上向きに、顎を軽く引く。
  5. お腹に力を入れて、上から引っ張られているイメージで背筋を伸ばす。

 

どうですか?

性だと、猫背や首が前に出てしまい綺麗な姿勢を保てていないパターンが多いです。

 

肩こり予防やウエストのシェイプアップにも繋がるので、意識しなくとも、この姿勢が維持できるようにしていきましょう!

 

かかとで着地して指で蹴りだす

かかとで着地、指で蹴りだす、という動作はウォーキングの基本!

 

かかとからしっかりと着地することで、足の裏全体に刺激がいきわたり、毛細血管が活性化します。

これにより、血行が促進されるため脚のむくみ解消も期待できます。

 

また、指で蹴りだす際は親指を1番に使うようにしてください。

親指に体重・重心をのせることで、内ふくらはぎを鍛えることができます。

 

慣れていないと、最初は大変かもしれません。(私は内側重心を意識するようになってすぐ脚の親指が吊りました(笑))

ですが、この重心移動によりふくらはぎの外側の筋肉の張りは解消され、細いだけでなく、まっすぐ綺麗な形の脚を作り出すことができるんです♪

 

おへその下から動かす

よく「骨盤から歩くと良い」って言いますよね?

脚を踏み出す際は、胴体部分をひねらないようにして、骨盤から大きく動かすようにしましょう!

 

おへその下から脚になっているんだ!というイメージで歩くと良いですね。

 

大股で早歩き

ウォーキングをする際は、普段の歩行よりも大股に歩くことで運動効果を得ることができます。

 

ただ、歩幅に気を取られて姿勢が崩れてしまうと、そもそものウォーキングの意味がなくなってしまうので、「なんとなく広めに」くらいの気持ちで大丈夫です。

骨盤から脚を動かすことを意識していれば、自然と大股気味になりますよ♪

 

また、歩くスピードも大切!

普段よりも「早歩き」をすることで、脂肪燃焼効果を高めることができるんです。

 

「大股」そして「早歩き」の2点を意識して、ウォーキングに臨みましょう。

 

手を振る

リズミカルに歩き、手を大きく振ることも欠かせません。

 

腕は、肩の関節から肩甲骨をしっかりと背骨に寄せるイメージで、前よりも後ろ側に向けてしっかりと振るようにしましょう。

脇はしっかりとしめてくださいね!

 

この時のポイントは力まずに自然と腕を振ること。

肩に力が入ってしまうと余計な部分の筋肉を使ってしまい、バランスが悪くなってしまいます。

 

あくまで、自然体でリラックスしながらウォーキングできるようにしていきましょう。

 

ウォーキング動画

以前、ランニングを紹介したときにも使わせてもらった、こちらの動画ですが、ウォーキングをやる際の正しい姿勢についても解説しています。

 

上でみてきた「正しいウォーキングポイント5つ」を実践しているので、わかりやすく映像で確認したい!という場合はチェックしてみてください。

 

呼吸を整える

更に、+αとして、この動画で伝えているのが「呼吸法」

大きく息を吸って、吐いて...と気持ちを落ち着けながら行えると良いですね。

 

ウォーキングは有酸素運動となるので、酸素を体内に取り込むことも大切です!

リズミカルに手足を動かしながら、リラックスして呼吸を整えられれば、キツさを感じることなく、継続していけますよ。

 

NGな歩き方

スポンサーリンク

それではここで、ウォーキングの効果を台無しにしてしまう、ありがちなNG例も紹介していきたいと思います。

 

効果が出ない!と嘆いているあなた、これらに当てはまってはいませんか?

 

ながらウォーキング

ついついやってしまうのが、このながらウォーキング。

1番多いのが、「スマートフォンを見ながら」行うパターンです。

 

液晶画面を見る時点で首は前に倒れ、視線は下、猫背気味になっていますよね。

上記でも紹介したように綺麗な姿勢を保てなければ、逆に脚の不要な部分に筋肉がつき、太くなってしまうこともあるんです。

 

スマートフォンをみながら歩いている!っていうあなた、今すぐその習慣をやめてみてください!

「正しいウォーキング」ができなくなるながら、歩き方は絶対にNGです!!

 

3日坊主

「継続は力なり」と言いますが、マッサージなどと違って「ウォーキング」は短期で効果が出づらいです。

1週間、1か月、半年...となるべく長く続けていく必要があります。

 

3日間続けて「細くならない!」とやめてしまうのは、とてももったいないです。

最低でも1か月は続けてやってみましょう。

 

継続さえできれば、確実にあなたの脚は細くなります!

 

ウォーキングの効果を倍増させるには?

せっかくやるなら、効果を最大限に引き出していきたいですよね?

 

そこで、「ウォーキングの効果を倍増させる方法」についても、ここで見ていきましょう!

 

水分補給

水分を補給することで、体内の代謝機能を上げることができます。

また、利尿作用も促されるため、歩くことでリンパの流れが良くなり、運ばれた老廃物が効率よく体外へと排出されるため、むくみの解消になるんです。

 

1日2Lの水を飲むと、ダイエットになるとも言いますが、沢山の水を飲むことで食欲抑制もできますね♪

ウォーキングの前後は積極的に水分を摂るようにしていきましょう!

 

朝に行う

ウォーキングは有酸素運動です。

 

体内に蓄えられた糖が1番少ない、朝1番に行うことで、効率よく脂肪を燃焼することができます。

逆に、沢山の糖が体内に蓄えられている夕方~夜に行うとなると、最初は糖がエネルギーとして使われるため、長時間歩かなければ脂肪燃焼効果が得づらくなります。

 

冬の寒い時期などは辛いかもしれませんが、朝早起きして、出勤前に30分歩く!などと習慣化できれば、うまく脂肪を燃焼していくことができますよ!

 

朝活の効果についてはこちらの記事でも紹介しているので、興味のある方は是非読んでみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

脚やせに【朝活】!ダイエットしやすい身体を作る5つの方法とは?

 

まとめ

それでは、最後に今回紹介したことをまとめていきますね!

 

正しいウォーキングのポイント5つ

姿勢を正しく

つま先で蹴りだしてかかとで着地

おへその下から動かすことを意識

大股で早歩き

手をしっかりと振る

 

更に、呼吸は整えて、リラックスしながらできるようにしていきましょう!

「スマホを見ながら」・「3日坊主」では効果が出ないので、やらないように要注意です!

 

また、

ウォーキング効果倍増法

水分補給

朝に行う

 

この2点も抑えておきましょう。

効率よく継続して行うことで、あなたの脚はみるみる細くなっていきますよ!

 

また、通勤・通学中も活用できる、普段の歩き方を脂肪燃焼できるように改善したいなら、下記の記事を読んでみてください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

脂肪燃焼できる歩き方ポイント3つ!脚やせ&綺麗な歩き方になれる!

 

歩き方美人になって、どんどん脚やせしていきましょう♪

スポンサーリンク

-ウォーキング
-,

Copyright© 脚やせラボ | マッサージや運動で美脚に!ダイエットブログ , 2019 All Rights Reserved.