下半身デブ

下半身太りの原因となるNG姿勢5つ!改善方法も紹介!

更新日:

スポンサーリンク

「脚やせダイエットしてるのに脂肪が落ちない!」

「下半身だけどんどん太くなる!!」

 

こんなこと、思ったことありませんか?

その原因はあなたの姿勢の悪さにあるのかもしれません。

 

何気なくとってしまっている姿勢の悪さが、脚が太りやすい状態を作ってしまうことがあるんです。

 

そこで今回は、「下半身太りの原因となるNG姿勢5つ」とその「改善方法」を紹介していきたいと思います!

当てはまっている人は要注意ですよ!!

 

下半身太りの原因となる姿勢5つ

それでは早速、NGな姿勢を見ていきましょう!

 

バンビ
筆者バンビもよくしてしまっている姿勢が、沢山ありました(>_<)

 

脚を組んで座る

「脚をついつい組んでしまう」人の特徴として、「骨盤が歪んでいる」ということが挙げられます。

脚を組むことで、骨盤のバランスが変化するため、一時的に歪んで張ってしまった筋肉が緩和され脚が楽になるのです。

 

しかし脚が楽になるのは一時的なものに過ぎず、脚組みを度々行うようになってしまうと身体の歪みを悪化させ、筋肉が凝り固まってしまう原因にも。

 

骨盤が歪み開いてしまうことで、その周りに筋肉や脂肪がつくこと、そして凝り固まった筋肉のせいでリンパの流れが滞ってしまうことが下半身太りになるんです。

 

今回、下記にて改善方法も紹介していくので、脚を組みたくなってしまう根本的な原因、骨盤のゆがみを直していきましょう!

 

脚を開いて座る

脚やせするために筋トレをする場合は、ほとんどの場合「内もも」を鍛えます。

座る時に膝と膝がくっつかず、脚が開いてしまうのは、「内ももの筋肉が使えていない」ということ。

 

内ももの筋肉が衰えてしまうと膝と膝をくっつけた時にももの間に空間ができない、たるんだ脚になってしまうんです。

こういった状態を防ぐためにも、普段の生活で積極的に内ももを使っていくことは、とても大切!

 

電車で座るときやデスクワークでも、なるべく膝と膝はくっつけるようにして、日常生活でも「脚を綺麗にする姿勢」を身に着けていけるようにしましょう♪

 

横座り

日本では畳の文化があるため、どうしても正座、そして横座りをする機会も多くなってしまいます。

しかし、これは典型的な骨盤を歪ませてしまう座り方

 

上でも説明したように、骨盤が歪むと、内臓が下へと下がってしまったり、代謝が悪くなってむくんでしまったりと、下半身が太ってしまう要素がいっぱい!

 

可能であれば、脚を伸ばして座るなど極力横座りは控えるようにしていきましょう。

 

内股

内股は、お尻が広がり、股関節や膝が内側にねじれている状態

こうなると、お尻がたるんでしまい、脚の外側に体重がかかることで、太ももやふくらはぎの外側がパンパンに張ってしまいます。

 

また、O脚にもなりやすいです。

 

バンビ
内股は可愛く見えるようで、下半身太りの原因を作り出してしまうんですね。

 

片脚重心で立つ

立った時に、なんとなく、どちらかの脚に体重をかけて立ってはいませんか?

癖で片脚に重心をかけてしまう場合は、大抵どちらか一方の脚ばかりを軸に使ってしまいがちです。

 

そうすると筋肉の付き方が両脚で偏ってしまい、脚の見た目のバランスが悪くなってしまったり、代謝が悪くなりむくんでしまうことも。

そうならないためにも、意識して、両脚の裏でしっかり地面を踏みしめて立つことを意識するようにしてください。

 

下半身太り改善方法

スポンサーリンク

 

それでは姿勢の悪さによる悪影響を一刻も早く改善して、下半身太りを撃退していきましょう!

 

ストレッチ

まずは、下半身太りにきくエクササイズで骨盤周りのコリを取っていきましょう。

動画(6分38秒)を見ることができない場合は、下の解説を見て一緒にやってみてくださいね♪

 

やり方

  1. まず、右脚をあぐらの状態に折り曲げ、右太ももの前側部分に左脚のふくらはぎ部分が当たるように、左脚だけ立ててください。
  2. 両手で左脚の膝をグッと抱えます。
  3. 背中をまっすぐにした状態で息を思いっきり吸い、吐きながら腰を折り曲げ、上半身を左脚に近づけていきます。
  4. 左脚に上半身がついたら、また息を吸いながら上半身を元の位置に戻していきます。
  5. 3、4を3回程繰り返します。
  6. 息を吐きながら、同じように再び上半身を倒し、両手を横に広げて手のひらを床につけてください。
  7. 頭を左膝にくっつけて10秒ほど姿勢をキープし、お尻の筋肉をほぐしたら、再び上半身を元の位置に戻します。
  8. 次に、左脚を倒し、右膝と左膝が重なり合うようにして、2~7の動作をもう1セット行ってください。骨盤が開きすぎていると、左膝を倒すことができないので、同じ姿勢で1回同じ動作を行えば大丈夫です。
  9. 右脚と左脚の重なり方を逆にして、もう1度行います
  10. 脚を伸ばして、両手を腰の位置に当て、腰を左右に振ります。この時、頭は横にならないように、まっすぐのままの状態を維持できるようにしてください。1分間行います。
  11. 1~9をもう1セット行います。

 

座り方

せっかく下半身太りの原因となる骨盤のゆがみや周りの筋肉のコリを取っても、上に挙げた姿勢を直さない限り、すぐに元に戻ってしまいます。

そこで、骨盤が歪まないようにする綺麗な座り方も見ていきたいと思います。

 

動画(2分11秒)で行う、正しい座り方の確認方法を真似して続ければ美脚が手に入りますよ!!

 

やり方

  1. まず、普通に椅子に座ります。
  2. 両手を、甲を上にした状態でお尻の下に挟みます。この時、お尻の1番出っ張っている部分に甲がちょうど当たるようにしてください。
  3. 身体を前後に傾けて、手の甲に1番お尻の骨が当たる部分(ちょっと痛いと思いますが我慢してくださいね(>_<))を探します。
  4. 身体を傾けて、1番骨が当たる場所がわかったら、身体をその位置でキープして手をゆっくり引き抜きます。そこが、骨盤が最も綺麗に立っている位置になります。

 

椅子に座らず、床に座っている時でも、同じように骨盤が綺麗に保てる姿勢を探すことができるので、やってみてください!

背骨が曲がってしまったり、顎が出てしまうと意味がないので、

 

  • 上から引っ張られているようなイメージで、背筋を伸ばす
  • 顎を引く

 

というのも意識して、座るようにしてみてくださいね!

 

まとめ

 

バンビ
それでは最後に、今回紹介したことをまとめていきます!

 

下半身太りの原因となる姿勢5つ

脚を組んで座る

脚を開いて座る

横座り

内股

片脚重心で立つ

 

また、下半身太りの原因となる骨盤のゆがみやコリを改善するストレッチと、正しい座り方の動画も紹介しましたね!

 

下半身太りの根本的な原因を改善するだけでも、脚やせ効果十分なので、あなたの脚は細くなります!

意識せずとも綺麗な姿勢を保てるまで、続けてやってみましょう♪

 

また、もう一つの下半身太りの原因となる「猫背姿勢」について、下記の記事で紹介しています。

是非、合わせて読んでみてくださいね♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

下半身太りの原因は猫背姿勢?あっという間に綺麗な姿勢にする技とは

 

スポンサーリンク

 

-下半身デブ
-, ,

Copyright© 脚やせラボ | マッサージや運動で美脚に!ダイエットブログ , 2019 All Rights Reserved.